スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パンティ爆発パーフェクト(Panty Explosion Perfect)

TRPGはお好きですか。

よろしい。

では、パンティ爆発をご存知かな?

これは投票システムがあって、道徳心の高い日本人にはどうかな?と思ってた。
(僕は、平気)

これが新たに生まれ変わった!パンティ爆発パーフェクト

pecover1.jpg


ルールをざっと読むに、各PLには親友とライバルが存在する。(親友、ライバルは他PL)
各PLにはゴールがあり、それを目標にプレイする。なお、手番は順繰りに推移する。
PLは手番が来たら、現在のシーンを描写し行動を宣言する。その後、ダイスを振り成功失敗判定をする(ロールする)

ロールに成功すれば、親友が行動結果を宣言する。
失敗すれば、ライバルが宣言する。

そんだけ。

soap operaシステムの流れだと思うんだけど、シチュエーションがラノベ。
PLは女子高生限定。女子高生という範疇ならOKなのである。
よって、女装美少年はOK。アンドロイドはOK。だったりする。
たぶんデブのオッサンが女装したらアウト。ようは、ノリ。

ワールドは学園が軸で、馬鹿馬鹿しく楽しい。
水泳部は、クトゥルフ信者だったりしちゃう。

ルールブックのページ数は50ページほど。(コミック部分があるので内容はもっと軽い)
英語の勉強がてら読んでみてもよろしいかと。

あと、このルルブ買うと英語版の「メイドRPG」の紹介があるよ。
スポンサーサイト

Savage Worlds シナリオ を 〆ます。

次のセッションが、年明けぐらいになりそうなのでシナリオを〆ちゃおうと思います。

2.トカゲの街

ユンカース(タイムマシン)は、1930年代に戻ります。
ユンカースで街の上空まで行きますと、懐かしい町並みが広がって…。

いません。
プレイヤーたちは眼下の光景に驚きます。

街は見たことの無い建造物で、埋め尽くされています。
それより驚くべきことは、「人間」がいません。
いるのは、「トカゲ人間」です。

「トカゲ人間」の町なのです。

驚くプレイヤーたちに、「もにょぴー」は言います。
「手違いがあったようです。」

「あなた達は、恐竜たちに勝利し地球を人のものとする権利を得ました。
これは、間違いありません。只、元となる【人間】を置いて来るのを忘れてました。」

と、いうことで恐竜時代に逆戻り。
「ダーリン」と「ハニー」は、恐竜時代に残ることとなります。

「アダム」と「イブ」になるわけです。

3.元の時代へ

今度こそ、本当に元の時代に戻ります。

「ビリー」と「ジェーン」と「もにょぴー」は、タイムマシンを駆り時間と空間を飛びわたり冒険を繰り返しました。

第三次世界大戦も止めることができましたし、火星人の襲来でも活躍しました。
彼らは不老不死で、ユンカースで時間を遡れるので簡単な事です。

500年も生きた頃、「ビリー」と「ジェーン」は虚しさを感じます。
不老不死のまま、ひとところにいることはできません。
幾度も名前を変えて、幾度も住む場所も変えました。


1000年も生きた頃、「ジェーン」が病気にかかります。

不老不死でも、病気になります。
これまでも、何度かありました。
しかし、タイムマシンで病気への対策をすればすむことです。

ジェーンは言います。「もう、疲れたわ。ビリー。楽になりたい。」
無論、ビリーは反対します。「もにょぴー!、過去に飛ぶぞ!!」

もにょぴーが言います。「ユンカースはもう、飛べないよ。ビリー。バッテリーがギリギリなんだ。」

「いいから、飛ばせ。」
「わかってる。そう言うのは知ってる。」

ユンカースのエンジン音。いつもの虹色の光。過去に飛ぶ感覚。しかし、過去には飛べません。
「エネルギー切れだ。」と、もにょぴーが言う。

ジェーンは、笑顔で死んでいる。

4.もにょぴー

「僕も、もうお別れだ。」と、もにょぴー。

「僕は、もう何万年も生きている。ただ、今日で死ぬ。」
「ユンカースは、僕の生命エネルギーで動いていたんだ。」

「僕の名前が、理解不能なのは僕がいくつもの名前で生きていたからさ」
「1000人分?2000人分?、それを、一度に言っているのさ」

5.ビリー

「僕ももう、お別れだ。ビリー。」
「じゃあね。最後に僕の最初の名前を教えてあげるよ。」


もにょぴーは最後に言った。「僕の最初の名前は、ビリー。」

6.ユンカース

ビリーが、30000年も生きた頃。

ビリーは、久しぶりに微笑んだ。
そして、「完成した。」とつぶやいた。

目の前には、ぴかぴかのユンカース。
ビリーは、ユンカースに乗り込む。
数万年ぶりに、虹色の光に包まれて、ビリーは過去へと飛び立った。

おしまい。

Savage Worlds セッション

2013年10月27日、Savage WorldsのGMをしました。

プレイヤーたちは、トレジャーハンター。
乗っていたユンカースが墜落、その際とある理由で遠い過去にタイムスリップしてしまいます。舞台は1930年代アメリカというのは、建前で恐竜時代にタイムスリップし恐竜をバンバン倒すシナリオです。プレイヤーは、Colt DragoonとShot Gunがメイン武器です。(GMで指定)

写真は、水場で水を飲むベロキラプトル。モデルは田宮の「ベロキラプトル6体セット」です。
IMAG0129.jpg
プレイヤー「ジェニー」のショットガンによる不意打ちをくらい1匹はあっさり、昇天。捕まえて金にするつもり漫々のプレイヤーたちに、残り1匹はたまらず逃げ出します!

2戦目
しゃべるトカゲ神官登場です。「私たちが勝てば、この星は私たちのもの。お前たちが勝てばお前たちのもの」
なんと、このシナリオは「恐竜が地球を支配するか、人間が支配をするか」という壮大なテーマだったのです!
IMAG0130.jpg

隠し玉のT-REXも出現です!恐怖におののくプレイヤーたち。逃げようと算段しますがクライマックスなので戦っていただきます。(逃亡エンドもありと思うのだけども、盛り上がらないでしょう?)
IMAG0131.jpg


激戦必至の状況です。が、トカゲ神官の「Stun」が不発。護衛のベロキラプトル3体も1ラウンドで2体沈。かろうじて、1体がプレイヤーにダメージを与えたものの沈。頼みのT-REX様も2ラウンド目のプレイヤー「ハニー」のリボルバー6連射で即殺。

Savage Worldsの飛び道具は恐ろしいですね。無事、ハッピーエンドです。


いやいやいや。プレイヤー達が元の時代に帰れないとハッピーエンドではありません。

最後に未来人「もにょぴー」が現れ、「プレイヤーたちはこの星初のタイムトラベラーである」と告げます。
(その原因が「もにょぴー」で、且つ恐竜が滅びるのも「もにょぴー」が原因なのですが、あくまで偶然であるというのが「もにょぴー」の主張です)

※「もにょぴー」の名は超未来人(400世紀)なので、私たちには理解できない発音です。実際には「もにょぴー」ではありません。

「もにょぴー」の修理したユンカースにのり、プレイヤーたちは元の時代に戻ります。
これで、このセッションは終了です。最後にプレイヤーたちには「不老不死」の呪いが課せられます。

機会があれば、続きをしたいと思います。
アンデンさん、不二家さん、ご参加ありがとう。


所感:なかなかイメージどおりの展開でGMできたと思います。

僕は、長いセッションができないのでセッションは時代劇的な展開で作成します。
序盤でチャンバラ、後半チャンバラ。エンディング以上。

プレイ時間2時間以内が目安です。

プロフィール

せおぽん

Author:せおぽん
メタルフィギュアを塗ったり。
ボードゲームやTRPGをプレイしたり。
アナログゲームを創ったり。
SLG始めます。

「放蕩の記録」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。