スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お安くゴブリンを塗る その3 完成

昨日塗ったのは、ここまで。

IMAG0140.jpg

この後、この絵の具だけ使う。

IMAG0143.jpg

こちょこちょ。

IMAG0142.jpg

ハイ。できあがり。15分くらい。

アクリルガッシュは塗装が禿げやすいので、ゲームで使用する場合は水性ニス(つや無し)を塗ると良いでしょう。

初めてのミニチュア塗装のコツは、

こつ1.とにかく全体を黒くまんべんなく塗る。黒く塗っておくと、塗り忘れは「影です」と言い張れます。
こつ2.「こんな感じで、いんじゃね?」という気持ちで塗る。迷ったら次の日に塗る。
こつ3.完成させる。

メタルフィギュアは小さいので、メリハリを意識しましょう。
塗りにくい所は塗らない事。 塗りにくいところは見えにくいところでもあります。

使用した筆は、200円(馬毛orセブロンの0号)。パレットは、アルミホイルです。

ミニチュア塗って2年。塗ったミニチュア200強。
数十万散財した結果、いきついた結論は「3000円あれば、メタルフィギュア塗装は始められる」です。
スポンサーサイト

お安くゴブリンを塗る その2

2回目

ゴブリンを真っ黒に塗ります。
IMAG0134.jpg


使用した絵の具は、ターナー アクリルガッシュ 24色スクールセット

IMAG0137.jpg
蓋に絵の具を、「ちゅっ」として上から解りやすくしています。

「パーマネントグリーンライト」でゴブリンの皮膚を塗ります。こんな感じ。
IMAG0140.jpg

今日はここまで。

ゴブリンをお安く塗る その1 下処理

やあ、せおぽんです。

先に購入したBONESのゴブリンを塗ってみたいと思います。
IMAG0132.jpg


試しに、直塗りしてみたら塗料を弾いてしまいます。
(使用した塗料は次回以降に)

しょうがないので中性洗剤で洗浄した後、サフ(サーフェイサー)を吹くことにしました。
使用したサフは、「Mr.サーフェイサー 1200 B515 【HTRC 2.1】

ペットボトルの蓋に、フィギュアをくるっと巻いたテープで固定。

しゅっ、しゅっ、しゅっ。
良い子はお外でやりましょうね。

スプレーの吹き始めは塗料が固まっている場合があるので、吹き始めは直接フィギュアに吹かないようにしましょう。ダマができてしょんぼりします。

吹き始めは、ターゲットからずらし右から左に「しゅっ」。

右に戻って、改めて右から左に「しゅっ」。
右に戻って、改めて右から左に「しゅっ」。

短めに複数回繰り返すのがコツです。
コレを全方位に繰り返しましょう。

こんな感じになります。
IMAG0133.jpg

今回はここまで。

Savage Worlds セッション

2013年10月27日、Savage WorldsのGMをしました。

プレイヤーたちは、トレジャーハンター。
乗っていたユンカースが墜落、その際とある理由で遠い過去にタイムスリップしてしまいます。舞台は1930年代アメリカというのは、建前で恐竜時代にタイムスリップし恐竜をバンバン倒すシナリオです。プレイヤーは、Colt DragoonとShot Gunがメイン武器です。(GMで指定)

写真は、水場で水を飲むベロキラプトル。モデルは田宮の「ベロキラプトル6体セット」です。
IMAG0129.jpg
プレイヤー「ジェニー」のショットガンによる不意打ちをくらい1匹はあっさり、昇天。捕まえて金にするつもり漫々のプレイヤーたちに、残り1匹はたまらず逃げ出します!

2戦目
しゃべるトカゲ神官登場です。「私たちが勝てば、この星は私たちのもの。お前たちが勝てばお前たちのもの」
なんと、このシナリオは「恐竜が地球を支配するか、人間が支配をするか」という壮大なテーマだったのです!
IMAG0130.jpg

隠し玉のT-REXも出現です!恐怖におののくプレイヤーたち。逃げようと算段しますがクライマックスなので戦っていただきます。(逃亡エンドもありと思うのだけども、盛り上がらないでしょう?)
IMAG0131.jpg


激戦必至の状況です。が、トカゲ神官の「Stun」が不発。護衛のベロキラプトル3体も1ラウンドで2体沈。かろうじて、1体がプレイヤーにダメージを与えたものの沈。頼みのT-REX様も2ラウンド目のプレイヤー「ハニー」のリボルバー6連射で即殺。

Savage Worldsの飛び道具は恐ろしいですね。無事、ハッピーエンドです。


いやいやいや。プレイヤー達が元の時代に帰れないとハッピーエンドではありません。

最後に未来人「もにょぴー」が現れ、「プレイヤーたちはこの星初のタイムトラベラーである」と告げます。
(その原因が「もにょぴー」で、且つ恐竜が滅びるのも「もにょぴー」が原因なのですが、あくまで偶然であるというのが「もにょぴー」の主張です)

※「もにょぴー」の名は超未来人(400世紀)なので、私たちには理解できない発音です。実際には「もにょぴー」ではありません。

「もにょぴー」の修理したユンカースにのり、プレイヤーたちは元の時代に戻ります。
これで、このセッションは終了です。最後にプレイヤーたちには「不老不死」の呪いが課せられます。

機会があれば、続きをしたいと思います。
アンデンさん、不二家さん、ご参加ありがとう。


所感:なかなかイメージどおりの展開でGMできたと思います。

僕は、長いセッションができないのでセッションは時代劇的な展開で作成します。
序盤でチャンバラ、後半チャンバラ。エンディング以上。

プレイ時間2時間以内が目安です。

BONESを買いました

リーパーのBONESシリーズをいくつか買いました。
まず、この子で練習します。

77024: Goblins (6)

IMAG0124.jpg

ゴブリン6体入って、460円です。

IMAG0125.jpg

開けると、こんな感じ。
素材はクニクニと曲がります。ガチャガチャのおもちゃみたいな感じです。

IMAG0126.jpg

切り離すと、こんな感じ。3種2セット。

IMAG0127.jpg

槍が曲がっています。
公式FAQによると、1~2分お湯につけて水で冷やすといいよ!となっています。ドライヤーの熱風で代用します。
ごうごう。

IMAG0128.jpg

なんとなく、まっすぐになりました。

他、公式FAQでは、ベースコート(下地塗り)いらないよ。入門用に最高のモデルさ!となってます。

塗り方は、まずベースとなる色で全体を塗ろう。
それが、プライマー代わりになって色ノリが良くなるぞ。
絵の具は当社のカラーが最高だけど、他のアクリル絵の具でもいいぞ!

多分そんな感じ。(訳は、大変適当です)

以降、この子らをお安く塗ります。





プロフィール

せおぽん

Author:せおぽん
メタルフィギュアを塗ったり。
ボードゲームやTRPGをプレイしたり。
アナログゲームを創ったり。
SLG始めます。

「放蕩の記録」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。