スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SLG競技会

14/2/23、SLG競技会を設けます。

主に1対1のシミュレーションゲームをプレイする会です。
ルール把握は不十分でかまいません。現場で互いにルール把握してからプレイいたしましょう。

・場所:リナシテイかのや 2F 研修室2 http://www.kanoyashimin.jp/
・時間:AM 9:00 AM10:00~PM10:00(開始時間が変更になりました)
・参加費無料【寄付歓迎】
・飲食禁止(飲み物可)
・うるさいの禁止

補足
・1対1のゲームがメインです。
・1対1のSLG以外のゲームの持ち込みもOKですが、プレイできる保障はしません。
・PM10:00までプレイ可能ですが、状況によって早めに閉会します(ぼっちの場合など)
 ただし、PM8:00までのプレイは保障します。
スポンサーサイト

閑話:フェレータ

昨日、某会にて持ち込んだ「フェレータ」をプレイ。

大変楽しくプレイできた。ルール把握に多少手間取るが「キッチリ」としたルール。
4人でプレイし、4人の戦略は異なりつつも僅差の勝負。素晴らしいバランスだと思う。
1時間モノとしては、近年稀に見るプレイの充実感であった。

ゲーム内容の詳細は他サイトにお任せする。

はて?
私はなんで、この素晴らしいゲームを買おうと思ったのかしらん?と思う。
Amazonとヤフオクで会わせて2個も買ってしまっている。(プレミア価格で)
多分、どこぞのブログなぞ読んで惚れこんでしまったんだろう。

ちょっと、気になったので「フェレータ」でググってみた。
検索結果3位に、すごろくやの記事があった。「フェレータ」の記事ではない。
その記事は、私がダイスゲームの至宝として疑わない「クマー!」の記事なのである。
http://sgrk.blog53.fc2.com/blog-entry-2010.html
その関連記事として、「フェレータ」があったのだ。

振り返るに、私が2箱目の「クマー!」を買う際に参照したのだろう。(1個目はショップでジャケ買い)

「クマー!」恐るべし!
「クマー!」は、素晴らしいゲームです。

スペースカデット:宇宙ダイス作戦

某会にて「スペースカデット:宇宙ダイス作戦」を持ち込みプレイ。

詳しくは、ホビージャパンの以下のブログを参照頂きたい。
http://hobbyjapan.co.jp/game/?p=8037

私は2回目だが、やはり非常に楽しいゲームだ。
インストが、めんどくさいのが難点だがプレイは短時間で終わるので、機会があったら是非プレイして欲しい。1度ルールを覚えてしまえば、(月1くらいはプレイしたくなる)クセになるゲームだ。

ドイツゲームのような洗練されたシステムではないと思う。
冷静なゲーマーなら「ズル」がいくらでも出来るシステムと1発でわかるだろう。
4~8人のプレイヤーがダイスをコロコロ、コロコロ振ってる状況は誰にもジャッジできまい。

真摯なプレイが各人に要求されるのだ。
このゲームはチーム戦で、チームの勝利の為に頑張ろうと頑張る。
でも「ズル」はしたくない。「ズル」したら、チームの誇りを無くしてしまう。勝利を汚してしまう。

「スペースカデット:宇宙ダイス作戦」
わちゃわちゃやってるゲームとしか思えないゲームかもしれないが、このゲームは素晴らしいゲームなのですよ。



パンティ爆発パーフェクト(Panty Explosion Perfect)

TRPGはお好きですか。

よろしい。

では、パンティ爆発をご存知かな?

これは投票システムがあって、道徳心の高い日本人にはどうかな?と思ってた。
(僕は、平気)

これが新たに生まれ変わった!パンティ爆発パーフェクト

pecover1.jpg


ルールをざっと読むに、各PLには親友とライバルが存在する。(親友、ライバルは他PL)
各PLにはゴールがあり、それを目標にプレイする。なお、手番は順繰りに推移する。
PLは手番が来たら、現在のシーンを描写し行動を宣言する。その後、ダイスを振り成功失敗判定をする(ロールする)

ロールに成功すれば、親友が行動結果を宣言する。
失敗すれば、ライバルが宣言する。

そんだけ。

soap operaシステムの流れだと思うんだけど、シチュエーションがラノベ。
PLは女子高生限定。女子高生という範疇ならOKなのである。
よって、女装美少年はOK。アンドロイドはOK。だったりする。
たぶんデブのオッサンが女装したらアウト。ようは、ノリ。

ワールドは学園が軸で、馬鹿馬鹿しく楽しい。
水泳部は、クトゥルフ信者だったりしちゃう。

ルールブックのページ数は50ページほど。(コミック部分があるので内容はもっと軽い)
英語の勉強がてら読んでみてもよろしいかと。

あと、このルルブ買うと英語版の「メイドRPG」の紹介があるよ。

子ヤギのかくれんぼ

「子ヤギのかくれんぼ」というゲームがある。4歳~

コンポーネントは缶の蓋が6色が1つづつで6個。子ヤギコマが30個。缶の6色を記したダイスが1個。簡易用に3色だけのダイスが1個。

ルールは簡単。
スタート時、缶蓋1つにつき5個ヤギコマが隠されている。
プレイヤーはダイスを振る。ダイスで出た目の色の缶蓋の下に隠されている子ヤギコマの数を当てる。そんだけ。

昨年、某会でプレイ。6箇所くらい覚えるくらい簡単と思えるがなかなか覚えていないもの。まあ、ネタゲーだと笑って楽しんだ。なので、次にすることもあるまいと弟夫婦に差し上げた。


そして年が明け、弟夫婦の新居にお邪魔する機会があった。私は既に酔っている。
弟夫婦には娘が3人おり、6・4・2歳というラインナップだ。

素敵な伯父様である私は、「子ヤギのかくれんぼは遊んだかな?」と問うた。
姪っ子1号・2号が「遊んだ」と言ふ。

「よろしひ、では持ってきたまへ」

きゃきゃ、と持ってくる。

自分に『渇』っと気合を入れる。
ボドゲに対峙する際には、己に渇を入れねばならぬ。例え、幼児が相手であろうとも。決して手を抜いてはならぬ。かわいいかわいい姪っ子だが、勝負は勝負である。手を抜いては彼女らにも失礼である。覚悟せよ!「ぬんっ」とサイコロをふる。

結果は、

2回やって、2回負けました。姪っ子2号に「わざと負けたでしょ?」と言われる始末。伯父さんは、いつもガチですよ。


「子ヤギのかくれんぼ」素晴らしいゲームです。

姪っ子たちの勝利には子供ながらの集中力もあると思うのですが、その記憶プロセスを考察すると「ヤバイ」ぐらい記憶力の向上効果があるゲームです。このゲームは、「脳に記憶の引き出しを作れる」のです。

「6色の缶蓋の下に、それぞれいくつ子ヤギがあるか。」を記憶する為には、各プレイを順列に記憶するより頭の中で6個のボックスをイメージし出し入れする方が効率的です。

コレを練習すると暗記モノは抜群に成績が上がると思います。6色のカラーボックスのイメージが作られるわけです。赤箱にはこれ、青箱にはこれって脳内での整列クセがつけられるわけです。


「子ヤギのかくれんぼ」おススメです。老人にも。


おまけ:2歳の3号は、予備ダイスふって遊んでました。かわいい。

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

新年1発目のゲームは「ムガル」でした。

ムガル好き好きー!競りゲーは、長くなりガチですが、「ムガル」はそうでもない。お金をひっそり溜めて「ここぞ!」と言うときに、チャリチャリ張るのが気持ち良いのDEATH!

2発目は、悲願の「ストラグルオブエンパイア」

やはり、ワレス先生の「最高傑作」と信じて疑わない。
読みと意地の張り合いと借金。リスクがあっても退けないジレンマ。囁かれる甘言。5人で4時間くらい?最高のメンバーでプレイできた。

3発目は、「コンコルディア」

得点方法は7つ(多分)カード枚数x建物のような倍率。「ナヴィガドール」もそんなんあった(気がする)初見では全体像が解りにくいだろう(重いゲームは大体そう)

私の結論では、このゲームもの凄い。ロンデルシステムは工数が一定。しかし、このゲームは手札カードを増やすことで、ロンデルシステムに工数の幅をつけてるのだ。てことは、場を見つつ「ロンデル」をいじれるって事だ。ワオ!

その辺が、ようわからんかったもんで「長官」いっぱい取ったりしたけども。
実は、さっさとリセットすれば何ぼでも好きな「カード」だせる(1手減るけども)

そんなんやりつつ、カード増やしたり建物増やしたりのチューニングを楽しむゲームではなかろうか。

「コンコルディア」は、必ずしも重ゲーではないと思う。おそらく、「速攻戦略」が存在するハズだ!また、途中で沈んでも逆転目が充分にあるだろう。なにしろ「ロンデル」を変えれるんだから、ゲーム中にシステムを変えれる!ってことだから。

次回のプレイが楽しみである。
(コレを完全日本語化する某氏も超スゴい)

あと、バックギャモンやった。負けた。オノレ。
今年も良い年になると思う。
プロフィール

せおぽん

Author:せおぽん
メタルフィギュアを塗ったり。
ボードゲームやTRPGをプレイしたり。
アナログゲームを創ったり。
SLG始めます。

「放蕩の記録」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。