スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tomy氏ゲームについて

先のSLG競技会のコメントでTomy氏が自身のゲームを紹介して恐縮していたのでフォローさせて頂きたい。

以下の記事は、私のプレイ時のうろ覚えの内容である。
勘違いもあるだろう。それをご理解して頂いた上で読んで頂きたい。

Tomy氏のゲームの概要は、1~6の数字でのカードが数枚手札にある。(1~5の数字だったかもしれない)
ゲームは、自身の手番にカードを1枚出す。出したカードはカードの種類(カードの色に)によって四則演算される。
その際、場に出たカードの総計が6の倍数だったら全ての手札を引き取る。
最終的に引き取ったカード枚数が多いものが負けである。確かこんな感じである。

このゲームの問題点は、最後の手持ちのカード次第でゲームが決まってしまうところだ。
プレイ中は、6の倍数にならないようにプレイすれば良い。最後の1枚のカードが6の倍数になったら負け。
実際、手札運で終わってしまった。

しかし、私はこのゲームは遊べる可能性がある。と思うのだ。
問題点は、手札運で最終ラウンドで勝負になる点だ。
なので、最終ラウンド以前に6の倍数になる要素を加えれば良いと思う。

6の倍数になりやすいカードで構成したら良い。5のカードを抜くだけでそうなると思う。
1,2,3,4,6のカード構成で6になり易くなるじゃあないか。

色で加減乗除もわかりにくいから、カードの置き方で表現したりしたらどうだろう?
横置きなら引き算。縦置きなら足し算。斜めになら掛け算。とか。
プラスマイナス表現したいなら、2色でも良いね。

以上。

私は個人のアイデアをサポートしたいです。いろいろなアイデアを検討しましょう。ダメ出しほど無駄な仕事は無いと私は思います。私はね。


スポンサーサイト

SLG競技会 3月の戦い 終了

SLG競技会 3月の戦い無事終了しました。
今回で11回目です。参加人数は5名。

プレイされたゲームは、

カリキュレーション
41
ジンラミー
気球で大空へ
枯山水
参加者様作成自作ゲーム2点
アクワイア
ウミガメの島
オリンポス

です。
今回は残念ながら、SLGをプレイすることはできませんでした。
気長にやっていこうと思います。

次回は4月19日開催予定。
プロフィール

せおぽん

Author:せおぽん
メタルフィギュアを塗ったり。
ボードゲームやTRPGをプレイしたり。
アナログゲームを創ったり。
SLG始めます。

「放蕩の記録」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。