スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロシアンレールロード

某会にて「ロシアンレールロード」をプレイ。3人戦を2回。

メビウス頒布会でゲットした通称「RRR」
ほたって置いたのだが、なんだか評判が良いようじゃぁないか。

「ご利用は計画的に」なワーカープレイスメントは苦手な私だがせっかくゲットしたので自慢しようと持参したワケだ。

1回目。
技術重視の「ねこさま」がぶっちぎり勝利。300点超えで嬉しげ。1ラウンドで100点近く取るコンボは凶悪だった。
「ばたやん」さんは、技術革新が手薄になり2位に甘んじる。技術者の使い勝手を過信しすぎたか?
私は、技術革新はほったらかしでシベリア線を延ばしただけ。ドベる。「x2」が、いっぱい取れたのが救い。

このゲーム、技術革新超重要です。

2回目。

「孝治」さんが、初見のクセに技術革新をバンバンとる。おかげで、スタートプレイヤーをほぼ取らずして勝利を得る。360点くらい。で1位。

「七氏」さんは、シベリア線を順調に伸ばしつつ技術革新をちょぼちょぼと。260点くらい。

私は、なぜかまた技術革新をガン無視。さらにサンクトペテルブルク線をメインに延ばすという暴挙。結果、200点丁度というぶっちぎりのドベ。

感想

勝利への選択肢がたくさんあるのが嬉しい。
2度も技術革新を無視したのは、工場の効果が単発だったから。なので、確実な各鉄道線でのポイントを確認したかったのだ(言い訳)

結論として、「RRR」の妙味は列車/工場の配置にあると思う。

列車の在庫状態を鑑みつつ、ここぞのタイミングで列車/工場を得る事が重要だ。
オーバースペックの列車は無駄になる。工場の効果はそれぞれ違う。

線路も技術者も、このゲームの面白さの仮の姿にすぎない。
2個目の技術進捗コマがそれを物語っているように思う。

ただ、其処には人智を超えた「ヨミ」が必要になるだろう。
「RRR」は我々に挑戦しているのだ。400点を越えてみよと。

是非、また。またまた。プレイしたいゲームである。
「ロシアンレールロード」素晴らしいゲームです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

せおぽん

Author:せおぽん
メタルフィギュアを塗ったり。
ボードゲームやTRPGをプレイしたり。
アナログゲームを創ったり。
SLG始めます。

「放蕩の記録」です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。